読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア赴任 〜最初の1週間〜

インドネシア(ジャカルタ)に来てから1週間ほど経過しています。
とりあえず感想を。

ご飯うまい

正直ご飯まずいだろうと思っていました。
まずここでつまずくかなと思っていたのですが、全然うまかった。
到着2日目に屋台でナシゴレンも食べましたが、これもいけました。
(1つ1万ルピア≒100円ぐらい)
ただ、辛いです。
たまに辛いもの以外を食べたい時には日本食があったのでそれを食べました。
と言っても2回ぐらい。

空気悪い

ジャカルタはバイクと車が大量に走ってるので空気が悪いです。
あとあとこの辺がネックになってくるかも。

英語通じにくい

大型ショッピングモールでは通じるのですが、それ以外はあまり通じません。
英語も覚えないといけないのですが、こちらも覚える必要あり。

家探し大変

今回日本のRUMAH MEDIAさんに相当サポートしてもらってもうそろそろ決まりそうです。
色々生活に必要な情報も教えてもらって、俺のインドネシア情報の8割はそこのスタッフさんの情報です。
8月はどうやら引越しの時期+最近進出してくる企業等が多いので、ドンドン部屋が埋まっていきます。
驚いたのは日本人だからという理由で、リクエストを全部拒否された上に、家賃を上げられました。
もちろんその家はやめました。
ちなみに今回は
デポジット(家賃の1−2ヶ月分)を払って、部屋を仮押さえする
家賃を最初に「1年分」支払う
という感じでした。
なので、引き出すATMにはちゃんとお金を入れておきましょう。
あとは銀行振込か現金払いかはオーナーによってまちまちなので、そこもきちんと確認しましょう。
振込がルピア払いかドル払いかもまちまちです。

ネット遅い

日本が早すぎるのですが、ホテルやカフェのwifiはかなり遅いです。
下りが0.30Mbps〜0.99Mbps,上りが0.10Mbps〜0.37Mbpsと
なんじゃこりゃというぐらい遅い。
かつ、ホテルだからかもしれませんが、有線LANですらしょっちゅう切断されます。
ニコニコチャンネルは国内からのみのアクセスだし。
ネット依存症にとっては地獄の環境です。

そんなのがとりあえずの1週間でした