読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitHub Enterprise,JRebel,Jira,HipChat使い始めました

仕事 プログラム Java

異動後、約1ヶ月経過したのでまとめる

自分のなかで生産性が変わったもの

SubversionからGitHubEnterprise(GHE)に変わった

Git-flowをベースにdevelopブランチにマージするときにPull Request(PR)を投げてレビューしてもらうようにしています。ローカルでもブランチを切れるのは便利なのですが、それ以上に、開発フローに必ずレビューが入ってきて、そこにコメントを残せるというのがかなり絶大なのかなと思ってます。
今はサーバサイドエンジニア二人で開発してますが、そこではfeatureブランチから更に子ブランチを切って、featureブランチにマージする時にPRを投げて互いにレビューしてます。ちょっとマージする手間が増えてるのが気になるところ。

JRebelの利用

JavaのWebアプリ開発で一番ストレスなのってTomcatやJettyなどを立ち上げる時の遅さ。
大きなものになればなるほどかなり響いてきて、アプリを立ち上げる時は90秒以上かかってます。これを毎回やるとリズム悪くなるので、生産性が落ちるのですが、JRebelを使うといわゆるHotdeploy的なことをやってくれるので初回だけ我慢すればOK。もちろん完璧ではないのですが、サーバを再起動する回数はだいぶ減ったはず。

・社内のMockツール使い始めた

公開してないので名前とかは伏せるけど、サーバとフロント側のデータのやりとりにMockツールを使ってます。CyberAgent/node-easymockFreeMarkerを使ったプロジェクトに特化したイメージ(実際は違うのかも) サーバ側がYAMLでデータを定義して、それをフロント側がFTLに組み込む形で進めてます。コメントにリクエストパラメータとか書いて、そのレスポンスをYAMLデータとして定義すると、情報が散乱せずに便利。

ここからはあまり生産性が変わらなかったもの

Redmine → Jira

おそらくはJiraをちゃんと使いこなせていない(Jiraのルールに乗れていない)ことが理由。
本当は使いはじめるときにある程度使い方を決めること(どういう単位でチケットを切るか?とか)が大切かと思いました。
これは経験則なのですが、1ヶ月〜2ヶ月ぐらいの開発期間であれば、チケットの積み上げ=ガントチャートになるのが情報が集約されていいのかなと感じてます。(もしくは細かい単機能であればチケットのみとか)
新規立ち上げや大規模開発は大線表としてWBSからガントチャートを作って、そこを更に落とし込んだものがチケットにしたほうが回るはず。理由としては進める上で気にする単位が違うから。小規模だと1画面とか細かい機能がリリースに直結するけど、大規模は1画面の進捗よりも機能単位でその進捗がどうなってるかで気にしないと神経がやられる

・Chatwork → HipChat

いまのところあまり変わってないかなーと。Macのクライアントが立ち上がってない時にメンションが来るとモバイルの方へ通知が来るのは便利だったけど、誤字を修正しにくいとか部屋が探しにくいとか、タスク付けれないとか課題はたくさん。
ちょっと前に正式版が出てきたidobataが後発サービスだけあってよくできてる印象。コミュニケーションは書きたいことがまだあるので、後日書く。

自分が感じてる課題

・属人性をなくす

◯◯機能だったら△△さんだよねーというのはチームとして危険なので、メインは△△さんだけど、ある程度わかるよという状態を作りたい

・テスト書こう

なんかこればっかり書いてるとテスト至上主義者に思われるけど違っていて。大きな理由としては、

  1. プログラム修正して確認するたびにアプリケーションサーバ立ち上げるのは非常に非効率でリズムが悪い
  2. 昔書かれたプログラムが想定している動きをしているか判断する基準になる
・大きい開発の時にどうやって段階レビューしていくか

GHEでWIPのPR投げつつみたいなことができればいいけど、そのスタイルが正しいかどうかが不明。本来Jiraとかのチケット管理でやってもいいのかなぁと思いつつ...

・守備(運用周り)大切に

毎回思うけど守備下手なので攻めと守りのバランスをよくしたい。根拠ないけど攻め:守り = 4:6 の感覚でやるとなんだかんだで5:5とか6:4になってそう。
特にイベントやガチャデータを投入する作業にエンジニアが参加してるのが非常に微妙。手間増えるし、エンジニア頑張るのはそこじゃないし。
プランナーがデータ作る→GitへUP→Jenkinsのボタン1つでデータ投入→確認→Jenkinsボタン押すと本番へデータ投入みたいな形に持って行きたい。GHEでdiffがうまく取れれば、誤字とかも見つけやすいのかなーと期待。